33歳既婚男性会社員の即ハメ体験

出張が多い会社で働いていると、よく「毎日大変だね」なんて人から言われるんですよね。
でも、既婚者で出張が嫌いな男ってそんなにいないと思います。
家族の目や近所の目から離れて、羽を伸ばせる出張って最高じゃないですか。
ぼくは出張が決まるたび風俗に行って若い子と遊びまくります。
でも、ひとつだけデメリットがあるんですよね。
風俗だと電話予約をしなくちゃならないし、ラブホテルの確保や女の子の順番などもあるから結構手間がかかるんです。
できれば無料で、即ハメできるお手軽な女の子がいたら文句なしなんだけどなあと日頃思っていました。

ワクワクメールを使うようになったのは一カ月前くらいです。
風俗よりも手っ取り早く即ハメできて、かつ完全素人を集めているサイトは他にはありません。
出張先が決まったら土地を検索して、好みの女の子を決めます。
勇気を出してメールをすると、あっという間に日取りが決まるんですよね。
もちろんお互い即ハメ目的なので待ち合わせ場所はホテル。
簡潔でしょう?

このあいだも1泊の出張があったので、即ハメ女の子と会ってきました。
ぼくはちょっとロリコン気味なので、19歳の大学生が相手です。
彼氏と別れたばかりで寂しくて、大人の男の人に優しくしてもらいたい甘えん坊さん。
この時点でムラムラしない男はいないですよね?

ホテルに向かうともう女の子がチェックインしていて、自己紹介も適当に即ハメです。
女の子はあまりの唐突さに最初はびっくりしていましたが、その素のリアクションも燃えるんですよね。
だんだん体がぼくの体に馴染んできたところで感じてくれて、大学生のかわいい喘ぎ声が聞けました。
最初は一度の即ハメで関係は終わりにしようと思っていたんですが、現地妻にするのもいいと思ってセフレを申し込みました。
恥ずかしがりながらOKしてくれたその表情もたまりませんね。

即ハメは働く男の活力源です。
これからも若いエッチな女の子をワクワクメールで捜して、充実した性生活を楽しみたいと思っています。

37歳既婚男性研究員の愛人の作り方

年上の女性と愛人関係になってから3年が経過しました、当時わたしは34歳で愛人となった女性は37歳でした。
愛人の作り方を模索していたというのではなく気軽なセフレ関係をと思っていたのですが思わぬ展開で愛人関係に発展していくことになったのです。
はじめはセフレとして出会った彼女なのですが旦那との関係がかなり劣悪になっていたようで離婚も視野にいれていたようで、セックスレスで欲求不満、さらにストレスで肉体関係を求めていたのです。
セフレ関係になって半年ほどした時に彼女の離婚が成立しました。
やはり一人での生活は金銭的な部分で苦しいところもあったようでして多少の援助を約束してセフレから愛人という立場に変わっていったのです。
わたし達の関係はとても良好でありましてお互いに大切な存在となっていました、愛人というよりは恋人に近いものがありましたが、決してそれ以上の関係を求めるようなこともなく2人の肉体関係を満喫できているのです。
年齢にそぐわないスタイルの良い、見た目もかなりの彼女との関係は妻とのそれとは全く違った甘美なものがあります。
今わたしの生活には無くてはならない存在となっていまして、それは相手も同様のようで、だからこそこれほどの歳月秘密の関係を持つことができていると思います。
会うたびに激しいセックスを楽しんで熱いキスをしてこの関係を喜び合っています。
愛人の作り方というのもいろいろとあるでしょうが、セフレから愛人なんてパターンも世の中には存在しているのです。